スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ミーシャ・バートン【ゴシップ編】
ハリウッド・ヤングセレブの人間関係は女子高生の派閥争いを思わせるほど壮絶!
ミーシャ・バートンは、ヒルトン姉妹と家族ぐるみの付き合いがあるお坊ちゃまブランドン・デイヴィス(ちなみに現在アルコールとコカインの中毒でリハビリ施設に入所中)と別れ、パリス・ヒルトンの親友キンバリー・スチュワートの元婚約者シスコ・アドラーと交際を始めたため、ヒルトン姉妹とは不仲で有名。

ニッキーに“太った豚”と陰口を叩かれたミーシャは、「自分のこと言ってるんじゃない?」と反撃。相手かまわずケンカをふっかけるパリスを「自分より成功している人すべてが嫌いなだけ」とこき下ろしたこともあった。しかし、その後パリスに「そんな子(ミーシャ)知らない。でも彼女は(一方的に)対抗意識を燃やしているみたいね。」と言われてビビッたのか、「冗談を言っただけ。」と発言を撤回したところを見ると、実は意外と小心者なのかもしれない。

ちなみに彼女の親友はパリス・ヒルトンの天敵ニコール・リッチー。「The OC」共演者の中ではレイチェル・ビルソン(サマー役)と仲が良く、オフにショッピングへ出かける姿が目撃されている。

実はイギリス人であるミーシャ・バートン。幼少時には、トップモデルエージェンシー、フォードと契約し、カルヴァン・クラインなどの広告モデルとして活躍していた。
その後、子役にありがちな転落人生を歩むことなく順調にキャリアを重ねた彼女は、青春ドラマ「The OC」のヒロインで大ブレイク!「シックス・センス」(99)の幽霊少女のイメージを払拭することに見事成功する。
エビちゃんが宣伝大使を勤めてた「The OC」は残念ながら降板してしまったけど、「Angels and Virgins」(2006)の他、2本の主演作が待機中。女優としての彼女の勢いは衰える気配ナシなのが、ファンとして救われますね☆
| - | comments(19) | trackbacks(0) |
「The OC」のミーシャ・バートン【LOVE編】
「The OC」でブレイクする2003年から交際を始めたのは、石油で財を成した大富豪マーヴィン・デイヴィスの孫ブランドン・デイヴィス。
その外見から一部で“太ったエルヴィス”と呼ばれる彼だが、相当なお金持ちで、相続予定の財産はあのパリス・ヒルトンを凌ぐという凄いお坊ちゃまなのだ!

そんな超セレブのブランドンと2005年春頃に別れたミーシャが現在交際しているのは、ロッド・スチュワートの娘キンバリーと婚約していたこともあるシスコ・アドラー。
彼もまたお坊ちゃまで、父親はキャロル・キングやジョニー・リヴァースなどをスターにした大物プロデューサー、ルー・アドラーである。シスコは現在ホワイトスターという無名ロックバンドのヴォーカリストをしている。
長髪&長身&痩せっぽちのシスコのルックスは正直イケテナイのだが、ミーシャは全く気にする気配ナシで今もラブラブ。つい最近も親友ニコール・リッチーを交え、マリブでビーチデートを楽しんでいた。

ちなみに動物好きのミーシャが現在可愛がってるのは子犬のジギーで、シスコとのデートの際も一緒に連れて出かけるほどの溺愛振り。嫉妬深く独占欲が強いと噂のシスコが原因で破局説も流れた2人だが、目下シスコのライバルと言えるのは子犬のジギーだけのようだ。
--------------------
来週はミーシャの【ゴシップ編】をお届けします〜お楽しみに♪
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
発情期?リンジー★恋のから騒ぎ?!Part3.
さて〜前回引っ張りました、指輪の送り主ですが・・・
正解は「ジャレッド・レト」でした〜

何でも、リンジーの胸元に光るグッチのコインペンダントは、しばらく前まではジャレッドのものだったようで、それをリンジーが褒めると、彼は「これを着けている間はいつも僕のことを思い出して」と告げ、即座に自分の首から外して彼女にプレセントしたとのこと。

リンジーの友人曰く「二人はとても愛し合っているよ。リンジーと一緒にいる時ほどリラックスしていて幸せそうな表情のジャレッドを見たことはこれまでになかったな。今回のは、遊びじゃなくて本当の愛だと思うね」だって。

しかしですよ、この後再びリンジーの発情期が何故か開花!

相変わらずミュージシャンに目がないリンジーは、ロックミュージシャンのライアン・アダムスと仲良くなり、友人によると「彼女は自由な時間ができれば、ニューヨークのグリニッジヴィレッジの彼のマンションで過ごしているわ。ほぼ毎晩よ。本人は、ミュージシャンはセクシーだと考えていて、彼の音楽のファンだって思っているけど」なんて暴露。
これって“好きな人”というより、ほとんどファンと一緒だよね…?

パリス・ヒルトンとスタブロス・ニアルコスの破局原因と噂されたと思ったら、元彼ジャレッド・レトがやっているロックバンドのライブに出かけ、彼のツアーバスで密会していたなんて話もあった。
やはりレトが本命かと思いきや、昨年7月にあっさりとイケメン青年実業家のハリー・モートン(25)へスイッチ。現在はイギリスの人気モデル兼タレントのカラム・ベストとの真剣交際が伝えられている。何でもリンジーが、彼を自分の母親に紹介したとか。

このように超〜移り気なリンジー。彼女が今誰とデートしているのかを把握するのは、不可能なのかも!?彡(-_-;)彡
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
恋多き女リンジー★恋のから騒ぎ?!Part2.
結構、公に好きなタイプなり、誰を狙っているだの臆面もなくあっけらかんと話すリンジーは、その一言一言がすでにマスコミの餌食に。一時期は、アシュトン・カッチャーとジョニー・デップに夢中で「ジョニーは結婚しているのよね。あとアシュトンも他人の彼氏だわ!だけど彼ってステキ!」と言ってのけたことも。

かつて婚約者シエナ・ミラーがいながらも浮気をしてしまったジュード・ローに対して、ある情報筋によると「リンジーはジュードの裏切りをシエナが完全に水に流して許すことはまずないだろうと思っているみたい。もし二人が別れたら、自分が彼の次のガールフレンド候補に名乗り出るつもりよ。」とどこまでも強気だったとか。アッパレ( ̄∇ ̄)ノ

さらに、マーク・ウォールバーグに対しても、彼の映画の完成披露パーティで、「マークはどこなの?マークはどこなの?」と何度もスタッフに聞いて回り、明らかに狙っている様子を振舞っていたようで、もはやハンターか?!そして、キャメロン・ディアスやスカーレット・ヨハンソンの元カレ・ジャレッド・レトとのロマンスも有名で、ホテル内のオシャレなバーでかなりイチャイチャしているのが目撃されたこともあったが、この時期はレトらと平行して“初恋”の相手である、元カレ、ウィルマー・ヴァルデラマと何とも煮え切らない仲を続けていたり・・・

そんな矢先、マスコミは見つけましたよ。リンジーの左手の薬指に光るものを!
--------------------------------------
さぁ〜て、誰からの贈り物か?・・・続きはまた来週〜お楽しみに♪(☆^∀゜)ゞ
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
小悪魔リンジー★恋のから騒ぎ?!Part1.
小悪魔的な魅力を持つリンジー・ローハンは、まだ20歳そこそこにも関わらずハリウッドではモテモテの新星ミューズ。とにかくお盛んな恋愛事情は、多くの男性が被害者(?)となっているようだ。

遡ってリンジー18歳の頃、俳優のウィルマー・ヴァルデラマと交際をスタートさせたが、およそ3ヵ月後に早くも破局。お互い将来のある若手俳優だけに、「別れてもいい友達よ」という芸能人の破局にはいつも用いられるお決まり文句で円満破局を主張。しかし、その半年後には、リンジーは寂しさのあまりウィルマーとヨリを戻そうと必死になってたとか。

友人曰く「彼女は、去年の11月にウィルマーと別れてからというものメチャクチャになって、別れたという事実からなかなか立ち直れないでいるのよ」だって。しかも何がすごいって、親しい友人たちを、ウィルマーの家に張り込ませ、彼が何をしているのか、誰と会っているのかといった状況を報告させることまでしてたらしい!(コワッΣ(+ロ+);)

リンジーも「ウィルマーは私の初恋の人なの。でもタイミングが悪かったわ。あちこちに女の子たちの影があって、彼は彼女たちと遊び回っていた。それで我慢ができなくなったのよ」とサラリと彼の浮気を暴露。
しかし、終わった恋をいつまでも引きずらないのがリンジー。その後、「スパイダーマン」のキルスティン・ダンストと破局したジェイク・ギレンホールやラッパーの50セントとのデートを目撃されたことも。
50セントについては、「黒人の男の人たちって私のことが好きみたい。デイモン・ダッシュとかP・ディディとかね。50セントは私の電話番号を知りたがって代理人に電話をしてきたの。彼は、『ミーン・ガールズ』(主演映画)を観て気に入ったって言ってくれたみたいで、私ったら舞い上がっちゃったわ!」と、ウィルマーの時の意気消沈はどこへやら、モテモテ事態にウハウハ状態。 ただ、すかさず「でも最初に思ったのは『エミネムはどこ?』ってことネ。私は彼が大好きなの!」と加えたあたりはさすがですよ。(誰も彼が白人ラッパーだとは突っ込まないようだし)。

彼女の恋のから騒ぎはまだまだ〜続きます!来週までお楽しみに♪
| - | comments(0) | trackbacks(1) |
リンジー・ローハン 薬物騒動!?
ケンカ以外では、スターにつきものの薬物騒動。
マリファナを試したことがあると告白したリンジーは、「マリファナを試してみたっていう事実を否定するつもりはないわ。でもマリファナは嫌いよ」と語り、続けて「コカインに手を出したことは断じてないわよ。…私は父の姿を見てきたもの。コカインがどんなふうに家族をメチャクチャにしたかってことをずっと見てきたんだから。クスリは人生を台なしにしてしまうのよ」と、重たい告白。

その他、一時期に比べるとかなり激ヤセしたことから、摂食障害の噂まで。しかし、リンジーはあくまでも否定し、徹底的に健康状態や体調の管理を行った結果だと発言。
「思春期を過ごして成長したからやせたのよ。エクササイズをして、きちんと健康的な食事をして、ジャンクフードを食べないようにしているわ。本当だってば。もし何かバカなことをしたら、母に殺されちゃうもの」と、健康的な痩せ方であると主張。

彼女は、自分がひどい状態に陥った原因は、実父との不仲やハリウッドでの生活のストレス、初恋の相手ウィルマー・ヴァルデラマとの破局のトラウマなどであると語り、摂食障害も非常に深刻なものになっていたので、身近な人物からは、何とかしなければ死んでしまうと警告されていたとか。

その後もアル中&ヤク中と超ド級のお騒がせセレブとなった若干二十歳のリンジー。
最新情報では、先日遂に?!DUI運転(飲酒および薬物の服用下による運転)で逮捕されてしまい、コカインまで発見されたとか?!どーなる、リンジーΣ(+ロ+);
それでも、ゴシップ好きの私たちのため、いつまでもそのままでいて下さい!(合掌)。
| - | comments(0) | trackbacks(1) |
リンジー・ローハン VS パリス・ヒルトン
今や、パリス・ヒルトンに負けないほど数多くゴシップを提供してくれるリンジー・ローハン。ケンカっ早い気質らしく結構トラブル多し。常にリンジーVS○○となってしまうお墨付きのトラブルメーカーなリンジーをお届け!!

とある夜。流行のクラブで、クラブプロモーターのブレント・ボルトハウス氏のバースデーパーティが開かれたとき、リンジーとその仲間たちは店にある4つのVIP席のうちの一つを陣取っていたのですが・・・
その30分後に到着したパリス。⇒すぐにリンジーのもとへ。
「私たちのテーブルから出てって!!」と言い放ったそう。

だがリンジーは、パリスとその友人たちに、他に空いている席に座ってはどうかと提案。
しかし、そんな言葉に耳を傾けるパリスではございません。すぐに怒鳴り合いに発展してしまったとか。最終的には店のマネージャーによって引き離され、リンジーはクラブの反対側に席を移動してその場は収まったらしい。(チャンチャン♪)
ケンカといっても大した理由じゃないけど、この二人だからこそ〜とても楽しいのである♪

そして、パリスの元彼、ギリシャ海運王の御曹司スタブロス・ニアルコスがリンジーと浮気したとして、二人の冷戦が始まったことは有名。
でも、その長い長い冷戦に終止符を打ったのは実はリンジーから。
「私たちはもう知り合って長いわけだし、こんな喧嘩はくだらないわ!」と、リンジーがパリスに言ったそう。
そんな冷静な彼女に、パリスは感心したとも伝えられており、その後は仲良くつるんでいるとか。またケンカしたとか。。。
何はともあれ、リンジーとパリスのゴシップから目が離せませんね・・・(☆^∀゚)ゞアヒャヒャ
| - | comments(0) | trackbacks(1) |
ジョニー・デップ☆華麗なる女性遍歴
実は〜ジョニデ、意外だが結婚暦ありなんです!まだまだ俳優として駆け出しの時に知り合ったメイクアップアーティストのロリー・アン・アリソンと83年に結婚するが、2年後にあえなく破局。
若気の至りっていうやつだったわけですよ。因みに彼にニコラス・ケイジを紹介したのは彼女である。ニコラスのお陰でジョニデは演技の道に進むこととなる。元妻よ、良くやった!

その後、女優シェリリン・フェンとの付き合いを経て、90年にウィノナ・ライダーと出会い、一瞬で恋に落ち電撃婚約。人形みたいにとにかくカワユかった当時18歳のウィノナと、当時26歳の破天荒でワイルドなジョニデのカップルは世間の羨望の眼差しを一身に浴びるが、92年に婚約解消。彼にウィノナはカマトト過ぎたか!?
「ウィノナ・フォーエヴァー(WinonaForever)」と腕に彫られた刺青は「ワィノ・フォーエヴァー(WinoForever=アル中よ永遠に)」に修正されてしまったことはもはや有名。トホホ。

94年に、当時絶好調だったモデルのケイト・モスと再び婚約。ケイトの為にパパラッチとひと悶着まで起したことあるのに、3年後には破局を迎えてしまう。
窃盗容疑で逮捕されてしまったウィノナといい、コカイン吸引疑惑のケイトといい、ジョニデと別れた後の最近の2人のトホホ振りはご存知の通り。

そして現在は、フランスで出会った運命の女、ヴァネッサ・パラディと安定したパートナー関係にあり、二人の子供リリー・ローズ・メロディとジャックとともにフランスに住んでいる。
ホテルの部屋を破壊するなど、若い頃はヤンチャだったジョニデもヴァネッサと落ち着いたことで、近年は生来のワイルドさに加えて、渋みと甘さが出てきて、もう言う事なしのかっこよさ!

最近、愛娘のリリーちゃんが重病になり、その安否が心配されたが、どうやら落ち着いたようで一安心♪撮影が中断していたティム・バートン監督作品のミュージカル映画「スウィーニー・トッド」の現場にも復帰したようで、公開が今から楽しみなのである♪
| - | comments(0) | trackbacks(1) |
ジョニー・デップ☆ヒストリー【後編】
さてさて〜先週の苦労話から一転!後編は彼のサクセス・ストーリーです。どうぞ〜☆
======================
転機となったのは、娘の為に出演をきめたという、ご存知大ヒット作「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」(03)。
目を黒く縁取るメイクに、金歯、ビースのヘアアクセサリーを提案した時は上から大反対を受けたらしいが、結果的にそれが大当たり!ヘッヘ〜!
ユーモラスな持ち味を活かして海賊を演じ、全世界で幅広いファンを獲得。ジョニデ主演映画はヒットしないというジンクスを覆し、ついにオスカーにノミネートされると同時に、ハリウッドのアウトロー的な存在から一躍ハリウッドで最も有名な大スターに昇格したのです。

以後の活躍ぶりは凄まじく、正にジョニデ時代到来!
「ネバーランド」(04)では「ピーターパン」の原作者J.M.バリー役で抑制した演技を見せ、再びオスカー候補に!! その後は相性抜群のティム・バートン監督と再びタッグを組み、アニメ「ティム・バートンのコープス・ブライド」(05)やファンタジー「チャーリーとチョコレート工場」(05)に出演。わが子にも自分だと気づいてもらえなかった(涙)という白塗りなメイクで摩訶不思議なウィリー・ウォンカをユーモアたっぷりに演じてました。

今後も、「ラスベガスをやっつけろ」の原作者ハンター・S・トンプソンと再び組むアドベンチャー「The Rum Diary」(08)、オーストラリアの監獄から脱走してインドに流れ着いた男の物語「Shantaram」(08)、「Sin City 2」(08)、「Sweeney Todd」(07) と話題作が目白押し!!
どれもお見逃しなかれ★
======================
そして遂に「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」が今月25日に全世界同時公開です!!
ジョニデ様の勇士が待ちきれません!キャプテン・ジャック・スパロウの運命やいかに!!??
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョニー・デップ☆ヒストリー【前編】
『 ジョニー・デップ』
本名はジョン・クリストファー・デップ鏡い箸いΔ澗臍悗覆名前。
実はギター少年だったジョニデは、はなから俳優を目指していたわけではなく、高校を中退し「ザ・フレイム」というロックバンドに参加。ブレイクを夢見てLAに渡るが、あえなく解散してしまう。

しかし、ジョニデの素質を見抜いたニコラス・ケイジに、俳優になることを勧められ、84年に「エルム街の悪夢」で映画デビュー。
87年から3年間出演した青春TVシリーズ「21ジャンプ・ストリート」でティーンのアイドルとなった。が、ジョニデはただのアイドルアイドルした坊ちゃんではなかった!
以降、ただの演技派の枠にとらわれず、オフビートでアウトサイダー的な作品やヨーロッパ系の監督作を中心に出演を続け、ハンサムだけではない、特異な個性の実力派として名声を得てゆく。
精神遅滞の弟を世話する青年役の「ギルバート・グレイプ」では、共演したレオナルド・ディカプリオの名演の影に隠れてしまっているが、ジョニデも地味ながら好演していたのを忘れまい。

その後も様々な役柄で独特の魅力を見せつける。その活躍はとどまることを知らず、小作品に出演しながらも、ユニークな存在感を示し続けた。
エキゾチックな容姿はネイティブ・アメリカンの血に由来し、カンヌに招かれた初監督作「ブレイブ」(97)ではネイティブ・アメリカンを演じているが、残念ながら興行的には大コケし、借金まみれとなってしまう。OH〜N0!!
======================
ジョニデ様も結構〜苦労してたのね…(/_;)
・・・って訳で、来週は彼の転機となったあの映画の裏話をお届けしちゃいます〜お楽しみに♪
| - | comments(0) | trackbacks(0) |