| main | パリス・ヒルトン☆Love話(後編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
パリス・ヒルトン☆Love話(前編)
ハリウッドゴシップ常連中の常連、ヒルトンホテルを所有する大富豪一族のお嬢様パリス・ヒルトン。ファッション・タレント・女優・実業家、そして06年は歌手デビューなど、マルチな活動を行っているパリス。その言動や行動は世界中が注目している、スーパーお嬢様。今回はその恋愛遍歴をフィーチャーしちゃいます!

というわけで “恋愛ジャンキー"との称号を与えたいほど、いつ如何なる時も“彼氏"がいる(しかも揃ってイメケン&金持ち)パリス。

彼女が表立ってハリウッドに露出してきたのは、03年頃。当時は、イケメン男性アイドルグループ「バックストリート・ボーイズ」ニック・カーターを彼氏に持ち、サンダンス映画祭にも仲睦まじい姿を見せ、ロバート・レッドフォードが立ち上げた格式ある映画祭にも関わらず公衆の面前でイチャつき、周囲から反感を買っていたとか。

しかし、「ニックは嫉妬深い」という理由で7ヵ月の交際に終止符を打ち(何でも女友達にまで嫉妬するんだって)、お互いの名前を彫り込んだタトゥー(ニックは手首に、パリスはお尻に)は今や闇に葬られたまま。
その後のパリスの名言はコレ⇒「問題は、どれくらい優しいかってことよね。私をきちんと扱ってくれて愛してくれる人がいいわ。今は、見た目だけ良くて頭の中身が空っぽのバカな男より、優しい心の持ち主の方を優先したいの。だって、ルックスって衰えていくものでしょ」…さすがです。

(つづきは・・・4/5(水)に後編をお届けします!お楽しみに☆)
| - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |









http://be-c.jugem.jp/trackback/77